ヘアケアの前にダメージとは

よく知り合いの間で「髪が傷んでしまって」とか「髪のダメージがひどくって」などと会話をしたことがありませんか。特に女性の方は髪のお手入れに関しては気を付けている方が多いことでしょう。では髪が傷むとはどういうことをいうのでしょうか。

まず、ダメージを受けた髪とは髪の表面のキューティクル、これは髪の毛の表面を覆っている薄い細胞の層を言います、が傷んでいたり、髪の内部の成分が流れ出てしまったりした髪のことをいいます。こ唸ってしまった原因はいろいろあります。

一番の要因はヘアカラやブリーチ、パーマなどのダメージ。髪に色を付けたり抜いたりするのはやはりパーマ剤やブリーチ剤などの化学的なものを使うとそれらの成分でキューティクルがはがれてしまいそこから毛髪内部の栄養分が流出してしまうからです。次には紫外線からのダメージも大きいのではないでしょうか。これは髪が日光などの紫外線をうけて火傷状態になってしまうからです。紫外線を継続的に浴びることでキューティクルが損傷し、髪が少しずつ明るくなってきてしまいます。

これもよくいわれるのですが、アイロンやドライヤーなどの熱によるダメージもあります。熱によってタンパクが変性してしまい、キューティクルや髪のしなやかさや強さを生み出すもととなるコルテックスが固まってしまいます。そのほかにもブラッシングによるダメージもあります。これは意外と思われる方もいるかもしれませんが、ブラッシングをしすぎてしまうとキューティクルがはがれてしまってダメージを負ってしまいます。あとこれも意外ですがカットによるダメージもあります。なぜかというと、カットした髪の断面は内部がむき出しになってしまいます。そのため間充物質が流出しやすくなりパサつきの原因となってしまうからです。

大まかにあげても普段何気ないことが髪が傷んでしまう原因となってしまいます。ダメージを受けやすい髪のヘアケアはどのようなことをする必要性があるのでしょうか。