シャンプーを効果的にするには

これらのダメージ補修シャンプーを使えばもう大丈夫と言いたいところですが、いくらいいものを使っても使用の仕方が悪かったり雑になったりすると効果は薄れてしまうかもしれません。シャンプーもただ洗えばいいというものではなく、正しいやり方で行っていく必要があります。

正しいシャンプーのやり方とは、まず、ブラッシングをし髪を整えることです。これは頭皮からちゃんとブラッシングをすることによって、髪の汚れが浮きやすくなり落としやすくなるからです。次に頭皮からちゃんと髪を濡らしてください。予洗いというもので、このシャンプー前の予洗いによって、髪と頭皮の汚れの大半を落とすことができるそうです。この時に指の腹で髪をもみほぐしながらマッサージをするように洗ってください。また頭皮をしっかり濡らすことによりシャンプーが泡立ちやすくなります。泡立てセルと頭皮のすみずみまで洗いやすくなります。

シャンプーを付ける際は直接つけるより適量を手のひらにといって泡立ててから使うようにしてください。洗う際は爪ではなく指の腹を使って頭皮をマッサージをするようにしながら洗っていきます。そしてしっかりとすすいでください。髪の生え際や耳の後ろなどの流し忘れなどにも気を付けてください。きちんと流すことが最も重要になります。

ちゃんとした洗い方とダメージ補修をしてくれるシャンプーを使用することにより髪を補修しうるおいを保つことができる健康的な髪に近づけることができる効果的な方法になるのではないでしょうか。