シャンプーを効果的にするには

これらのダメージ補修シャンプーを使えばもう大丈夫と言いたいところですが、いくらいいものを使っても使用の仕方が悪かったり雑になったりすると効果は薄れてしまうかもしれません。シャンプーもただ洗えばいいというものではなく、正しいやり方で行っていく必要があります。

正しいシャンプーのやり方とは、まず、ブラッシングをし髪を整えることです。これは頭皮からちゃんとブラッシングをすることによって、髪の汚れが浮きやすくなり落としやすくなるからです。次に頭皮からちゃんと髪を濡らしてください。予洗いというもので、このシャンプー前の予洗いによって、髪と頭皮の汚れの大半を落とすことができるそうです。この時に指の腹で髪をもみほぐしながらマッサージをするように洗ってください。また頭皮をしっかり濡らすことによりシャンプーが泡立ちやすくなります。泡立てセルと頭皮のすみずみまで洗いやすくなります。

シャンプーを付ける際は直接つけるより適量を手のひらにといって泡立ててから使うようにしてください。洗う際は爪ではなく指の腹を使って頭皮をマッサージをするようにしながら洗っていきます。そしてしっかりとすすいでください。髪の生え際や耳の後ろなどの流し忘れなどにも気を付けてください。きちんと流すことが最も重要になります。

ちゃんとした洗い方とダメージ補修をしてくれるシャンプーを使用することにより髪を補修しうるおいを保つことができる健康的な髪に近づけることができる効果的な方法になるのではないでしょうか。

ダメージ補修シャンプーの成分

髪は一度傷んでしまうと、完全に修復は不可能です。しかしながらダメージケアをこれ以上傷まないようにしてくれる方法があります。その一つがシャンプーになります。髪を補修してくれる成分の入っているシャンプーで髪を洗うと今以上に傷まなくなるのです、ではどういった成分があるといいのでしょうか。

まず、ラウリルベタインというもので、この成分は両性海面活性剤です。これは皮膚のかゆみを和らげたり、髪を補修する効果をもっております。ラウロイル加水分解シルクNa。この成分はキューティクルを整えてくれる効果がありダメージヘアにもおすすめです。髪のタンパク質も変化することはないので髪をなめらかにしてくれる効果があります。ココアンホ酢酸Naという成分。こちらは保湿効果に優れている成分になり、硬い髪を柔らかくしてくれる効果があり。硬い髪でごわごわしているダメージケアの人にはおすすめのできる洗浄成分となっています。ミリスチルベタイン。この成分は髪の手触りをよくしてくれる効果があります。ダメージケアになってしまうと、髪に触った感じもパサついたりごわごわしたりして手触りがよくないのですが、この成分はその手触りをよくしてくれるものです。

シャンプーを選ぶときは上記に挙げた成分が入っているダメージ補修シャンプーで洗浄することで、傷んでしまった髪をこれ以上傷ませることなく、うるおいなどを補うことできれいな艶髪を保ち続けることができるようになります。

髪の構造

髪を守るにはまず髪の構造を知る必要性があります。説明をさせていただきますと。髪というのは3つの層にわかれており、それぞれ違った構造になっております。

まず、中心に位置するのがメデュラというものであり「毛髄質」ともよばれているものです。メデュラはメラニン色素を少量含んでおり、蜂の巣のように並びます。一つ一つの細胞は立方体のような形をしていますが、内部には穴があり、空気が通るような仕組みになっています。そこに空気がたまることで、熱から頭部を守っているのです。

その周りを覆っているのがコルテックスといわれるものになります。これは髪の内部を形づくる組織になり、髪の約90%を占めています。この量がおおいと固くて太い丈夫な髪を作ることができます。髪の硬さ、しなやかさ、強さの違いはこの量によって左右されます。また、メラニン色素も含まれており、その種類や量が髪の色に影響しています。

最後に髪の毛の表面を覆っている薄い細胞の層がキューティクルとよばれるものです。これは角質化したタンパク質が鱗のように重なっていて、健康な髪はそれらがきちんと並んでいます。またこれら健康な髪でもひとりひとり違うため、指紋と同様に一本の髪から誰のものであるかを判定することもできます。キューティクルには髪の水分を維持する働きもありますが、キューティクルが壊れてしまうと水分を保持することができなくなり、光沢と柔軟性を失って今います。そしてキューティクルが一度壊れてしまうと再生することはできないのです。

このように髪の毛にはそれぞれの役割をもっているので、それを壊してしまわないように気を付けなければなりません。

ヘアケアの前にダメージとは

よく知り合いの間で「髪が傷んでしまって」とか「髪のダメージがひどくって」などと会話をしたことがありませんか。特に女性の方は髪のお手入れに関しては気を付けている方が多いことでしょう。では髪が傷むとはどういうことをいうのでしょうか。

まず、ダメージを受けた髪とは髪の表面のキューティクル、これは髪の毛の表面を覆っている薄い細胞の層を言います、が傷んでいたり、髪の内部の成分が流れ出てしまったりした髪のことをいいます。こ唸ってしまった原因はいろいろあります。

一番の要因はヘアカラやブリーチ、パーマなどのダメージ。髪に色を付けたり抜いたりするのはやはりパーマ剤やブリーチ剤などの化学的なものを使うとそれらの成分でキューティクルがはがれてしまいそこから毛髪内部の栄養分が流出してしまうからです。次には紫外線からのダメージも大きいのではないでしょうか。これは髪が日光などの紫外線をうけて火傷状態になってしまうからです。紫外線を継続的に浴びることでキューティクルが損傷し、髪が少しずつ明るくなってきてしまいます。

これもよくいわれるのですが、アイロンやドライヤーなどの熱によるダメージもあります。熱によってタンパクが変性してしまい、キューティクルや髪のしなやかさや強さを生み出すもととなるコルテックスが固まってしまいます。そのほかにもブラッシングによるダメージもあります。これは意外と思われる方もいるかもしれませんが、ブラッシングをしすぎてしまうとキューティクルがはがれてしまってダメージを負ってしまいます。あとこれも意外ですがカットによるダメージもあります。なぜかというと、カットした髪の断面は内部がむき出しになってしまいます。そのため間充物質が流出しやすくなりパサつきの原因となってしまうからです。

大まかにあげても普段何気ないことが髪が傷んでしまう原因となってしまいます。ダメージを受けやすい髪のヘアケアはどのようなことをする必要性があるのでしょうか。